2010年02月03日

アマレココでデスクトップキャプチャ

以前、パソコンの操作画面を録画したくて、キャプチャーソフトを探した事がありました。
ただ、調べ方が悪かったのか、その時に試用したソフトでは、まともにキャプチャーできず
BlackmagicDesignのIntensityProやCanopusのHDREC/HDSTORMといったHDMI入力ボードを付けるしかないかなという結論に達していました。
つまり、グラフィックカードのDVI出力をHDMI変換し、HDMIから再キャプチャーという手順です。

そんな中、アマレココ(AmaRecCo)というソフトを知りました。
ゲームのプレー画面をキャプチャーしようという内容のWEB記事でたまたま見つけたのですが、ゲームソフトの画面だけでなく、デスクトップキャプチャにも対応しており、そこそこ評判も高そう。
で、早速使ってみると、なんともいとも簡単にキャプチャする事が出来ました。

画像は、キヤノンのサンプルムービーを、ムービーエリアに限定して、キャプチャしている様子。

amarecco.jpg

映像は、前半にキヤノンのサンプルムービーの一部、そして後半に、YouTubeを見ているデスクトップの様子入れてあります。
Canopus/EDIUSの1280×720モードでつないだ後、TMPGencで変換してアップしました。



如何でしょう。キヤノンのサンプルもYouTubeの画面も、画面中の1072×624pixelを切り出したものなのですが、駒落ちもなくスムーズにキャプチャできているのがご覧頂けると思います。

その後試してみたところ、1920×1080のフルHDサイズでも問題なくキャプチャできる事が確認できました。

パソコン画面を映像素材として使う事ができそうなので、今後、重宝しそうです。

追記
アマレココはAMV2MTまたはAMV3というコーデックを利用します。
本来はどちらのコーデックも有料ですが、AMV3はアマレココでの使用に限り無償で利用できます。
ただ、二つのコーデックを比べてみるとAMV2MTの方が高画質。
1260円と購入し易い価格なので、映像素材として使うのであれば、AMV2MTを導入した方がよいかもしれません。
コーデックの詳細がこちらにあります。