2009年09月29日

バウンス撮影

カメラのフラッシュ撮影の話しです。

フラッシュを使った撮影方法にバウンス撮影というものがあります。バウンスの英訳はbounceで意味は跳ね返りとなります。つまり、フラッシュの光を直接被写体に当てるのではなく、何かに反射させて間接的に当てるという事になります。
私が所有しているストロボはキャノンの430EXというもので、その後継機種でも2万円台で買える位の物です。
この位のストロボであってもバウンス撮影をする事により見違えるような違いがでます。
まずは被写体に直接フラッシュを当てた場合。
directflash.JPG
次に天井にバウンスさせて被写体に当てた場合。
nondirectflash.JPG
効果がはっきりと見てとれると思います。
直接当てた方は、陰影がつよく、また影もはっきりと写ってしまいます。

コンパクトデジカメや一眼デジカメに最初から付いているフラッシュでは発光部が回転できないのでバウンス撮影ができません。オークションやブログなど、写真の活用の場はどんどん広がっています。3万円弱の投資でこれ程差がでるので、オススメです。
posted by Konak at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32502152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック