2009年10月09日

動画の写真的利用

ちょっと前、あるメーカーの販促用カタログに、ページをめくると埋め込まれた極薄のディスプレーに映像が映し出されるというギミックを仕込んだ物が紹介されていました。
これまで写真で表現されていた物が、動画に置き換わるというパターンはこれからどんどん増えてくるでしょう。
そして、WEBの世界でその移行が真っ先に進むのではないかと思います。

下の画像をご覧ください。

paperormovie.jpg

あるWEBページのスクリーンショットですが、一番上だけを見ると画像とテキストの普通のページです。
しかし、実はこの画像が動画の1シーンである事が2番目のショットで分かります。
もちろん動画なので、一番下のショットのように動いていきます。

ご存知の通り、映像の世界はハイビジョン(HD)への移行の最終段階に入っています。
テレビも地デジへの移行に伴いHD化され、量販店で売られている家庭用ムービーの大半もHDです。

このHD、画素数でいうと、横1920画素×縦1080画素、約200万画素。
つまり極端に言うと、200万画素のデジカメで撮った写真が連続して動いているわけです。
これまでのSD規格のテレビが横640画素×縦480画素、約30万画素であったのと比較すると随分高画質になったと言えます。

こうなると、WEBでの画像レベルであれば、動画のワンシーンであっても十分に代用が利く事になります。

WEB記事の編集者は、これまで写真をセレクトし、それにテキストを組み合わせて記事を作り上げていましたが、これからは動画のワンシーンをセレクトする事になるかもしれません。

WEB記事に画像と同様に動画が埋め込まれ、それがスムーズに再生される環境が整って行けば、今まで以上に、紙媒体とは違った楽しさを提供して行けるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32782713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック