2009年10月30日

エコー

音の特殊加工にエコーというものがあります。
訳すると「こだま」でしょうか。
このエコーが映像編集にもよく使われます。
BGMをある部分でカットしたい時、やまびこの様に音が小さくなって行くのがそれです。
プツッと切ってしまうわけにも行かないですし、かといって普通にフェードアウトさせてはつまらない。エコーによって余韻を持たせ、スムーズに場面転換する事が可能です。

サンプルを作ってみました。
まずはプツッと切れたもの。ある曲の一部です。



続いて、最後の部分を急速にフェードアウトさせたもの。



最後に、エコーを掛けたもの。



ところで、私の様に音の勉強をちゃんとした事がない者にとって、音の加工は鬼門。
かといって、プロに依頼していては、コストがかさんでしまう。
低コストな映像制作のためには、自分でするしかないのです。
うん、頑張ろ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33283989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック