2009年12月13日

IDE&SATA-USB 変換ケーブル

アビテックスの組み立て記事の前に小ネタを一つ。

これまで使っていたIDE&SATA-USB変換ケーブルの UD-500SA が突然機能しなくなりました。

cable01.JPG

先日のハードディスクといい、何ともついていません。
強力な電場でも近くにあるのだろうか・・・。

変換ケーブルは無いと何かと不便なので代わりの物を購入する事に。
この類の品は、大概が海外物のOEMなので、明らかに今までの物とは違いそうなGreenHouseの GH-USHD-IDESA にしてみました。

cable02.JPG

しかし・・・。
機能しなくなった UD-500SA を分解してみると、使用チップは JMicron の JM20337
GH-USHD-IDESA も分解し易そうだったので確認してみると、同じ JM20337

cable03.JPG
cable04.JPG

GH-USHD-IDESA が無事に機能しているので UD-500SA が壊れているのは確かなようですが、結局は同じチップのもので少々面白味の無い結果に。

ちなみに、基盤にはそれぞれのメーカー名等も書いてありました。
UD-500SA の元々の品は ByteRunner Technologies の ISU-III-A
GH-USHD-IDESA は Z−TEK の ZK-FU12A のようです。
だからどうしたという程の事でもありませんが・・・。

ところで、こういった変換ケーブルに付いてくる電源用の変換ケーブルなのですが、抜き差しを繰り返すうちに、ピンが抜けたりグラグラしたりで使えなくなってしまいます。
そこで、赤丸のように根元にホットメルトを注入してから使う方法、オススメです。

cable05.JPG
posted by Konak at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | PC・ネット関連
この記事へのコメント
こんにちは。
うちでも同じコネクタを使用していますが、
1個はすぐに3.5側が認識できなくなりました。

また同じのを購入しましたが、調子の悪い事もあります。

2.5用に使っているので「まぁいいか」と思っていましたが、新しい方を買ったときの保証書で交換してもらおうかな?なんて思って、今日保証書を探したら、先月で1年経ってしまっていました。

次に買うときは違う機種にしようと思います。
Posted by urushi at 2009年12月14日 21:32
コネクタを補強するのに、ホットメルトを使えば良いんですね!

参考になりました。
どうもありがとうございます。(・∀・)
Posted by 浜村拓夫 at 2013年03月05日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34186096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック