2010年01月25日

That's cool !!!

今まで、数百本のオートバイ関連DVDを見て来ました。
その中で、私が惹かれていたのは、ローラーブレードを使った映像。
ローラーブレードを使うと、手持ちでもそこそこ流れるような映像が撮れるのですが、下のサンプルはステディカム(グライドカム)とEOS7Dという、旬な機材を組み合わせて撮っているため、さらに格好いい映像になっています。
こんな感じで、街中を疾走した映像を撮ったり、オートバイに追従して撮ったりしたらどんなにいい画が撮れるのかとワクワクしてしまいます。



誰もが映像を撮影し、編集できてしまう時代。
その中でキラリと光る映像を撮るためには、様々な創意工夫は当然の事、行動力、交渉力、そして新しい物を見出す力など、あらゆる力を駆使できなければならないのかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34939032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック