2010年03月26日

Panasonic Let's note CF-N9

ライブ配信の話に行く前に購入したPCについて幾つか。

購入した機種は Panasonic Let's note CF-N9

n9_01.JPG


一緒に写っているのは、ドスパラで購入したバルクのサムスン製DDR3-1333 2GB。メモリは合計で4GB。
入っているOSはデフォルトでは32bit Win7なので3GBちょいが実際に使える容量。
空きスロットの下には黒フィルムでカバーされているけれど、元々刺さっているエルピーダのメモリが見える。
ただ、スペース的にすんなり外せるようにはなっていなくて、4GB*2にするとなると裏面カバーを外さないとダメそう。メーカーのこういう鬱陶しい作りが嫌で、デスクトップもマック以外は、自作しか使った事がありません。けれどノートは自作ができない・・。そこら辺が今まで、ノートに興味を持ってこなかった理由かもしれません。

n9_02.JPG

n9_07.JPG

n9_15.JPG


ACアダプタ本体は4x9x2.5cm位で比較的小型。ACコードとアダプタ本体を合わせた重量は230g バッテリ単体の重量は408g

n9_13.JPG


eeePC 1000Hとの比較。大きさは、N9の方が大きいですが、重さは体感ではそれ程変わりません。
データ上ではN9の方が軽いくらい。
このボテッとした形は好き嫌い別れそうだけれど、私的にはガシッと掴んで持てるので嫌いではないかな。

n9_04.JPG

n9_08.JPG


電源を入れて、Windowsの画面を見る前に、すかさずHDDのクローンを作っておきました。
付属のリカバリディスクはWin7-32bitで、64bitはHDD内に入っています。
HDDがやられてしまったら、64bit化できなくなる可能性もあるので。
ただ、パナソニックはドライバを公表してくれているので、最悪リテール版を入れられるのは、なかなか好印象。

n9_05.JPG


パーテションの様子。使われているHDDは日立のTravelstar HTS545025B9A300みたい。

n9_06.JPG


ハードディスクはバッテリスロットの横のカバーを外せば、噂通り簡単に交換できそう。

n9_14.JPG


デフォルトの状態でのWindowsエクスペリエンス インデックス。

n9_10.JPG


視覚効果をパフォーマンス優先にしたら「グラフィックス」の数値がグンとあがりました。未だにデスクトップはXPでVISTAや7には殆ど触った事がなかったので、これが何を意味するのか分かっていません。

n9_09.JPG


この動画(マイ動画です)を720pで再生した場合のN9とデスクトップPC(C2Q-9300)のタスクマネージャー比較。
N9の方が15-30%程CPU使用率が高いです。また、N9でCPUの使用率が上がると途端にファンがそこそこの音を立てて回りだし、バッテリの残時間も一気に減ります。

n9_12.JPG

n9_11.JPG


[追記1] CF-S9とCF-N9の違いは光学ドライブの有無ですが、S9でドライブの蓋となっている右パームレスト部は、N9ではダミーカバーのようなものが付いて、どこかのネジを外せばパカッと開きそうな感じです。店頭で実際に触った感じでは、N9のパームレスト部の方が押した際のたわみが少なく、頑丈な印象でした。

n9-21.JPG
n9-22.JPG


[追記2] 当たり前の事ですが、バッテリの持ちは、CPUの稼働率によって大きく異なります。N9の場合、CPU稼働率50%になると画像のような感じになりました。バッテリの持ちが特徴のLet's Noteでも負荷の掛る作業をすると長くは持たない様です。

n9-23.jpg


[追記3] カタログにはSDスロットに関し、SDXCの事は何も書かれていませんが、Windowsの更新プログラム適用により使用可能な様です。詳細は http://askpc.panasonic.co.jp/work/sd/sdxc.html
posted by Konak at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年03月12日

ネットの可能性は無限大

こういう時代になって来た。



ビデオジャーナリストや様々な動きがまた始まるでしょう。

映像の中で使われているビデオカメラは日本製。
けれど、この道具にしろLiveStremにしろYouTubeにしろ、全て海外製。
日本人の得意な事、そして不得意な事、それを冷静に分析しつつ欠けている能力を習得していていければ、かなり面白い事ができるようになると思う。
みんな頑張ろう。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年03月09日

お名前.com さくらインターネット サブドメイン

所有するドメインは全てお名前.comで取得したもので、それらをさくらインターネットで運用しています。
さて、今回、そのドメインにサブドメインを設定しようとしたのですが、分からない部分が有りつまづきました。しかし、その後、サポートの回答により解決したのでご報告します。
とは言っても、ネットワークの基本を知っている人には至極当たり前の事だと思われますので、少々お恥ずかしいのですが。

まず初めにサブドメインとDNSサーバ(ドメイン ネーム システム サーバ)という用語の説明を少しだけ。
www.konak.jpを例にとると、jpに対してkonakが、konakに対してwwwがサブドメインになります。ただ、お名前.com等で取得するドメインはトップレベルドメインのjpとそれに続くサブドメイン(この場合はkonak)までとなるので、いわゆるホスティングサービスなどで使われるサブドメインとはwwwの部分を差す事になります。
そして少し語弊はありますが、ドメインを管理するサーバがDNSサーバと呼ばれるもので、お名前.comで取得した直後のkonak.jpは、お名前.comが管理するDNSサーバ(01.dnsv.jpや02.dnsv.jp)によって管理されています。

では本題に入ります。

今回つまづいたのは、サブドメインの設定の仕方です。
以下の画像をご覧下さい。
これは、さくらインターネットのコントロールパネルにある「サブドメインの追加」画面です。

sakura_domain_1.gif

「ドメイン名:」に続く欄に希望のサブドメインを記入し、その下の欄にお名前.comで取得したドメインを記入。そして「送信する」ボタンを押せばいいのであろう事は理解できます。
しかし、その下に、点線で囲まれた注釈があります。あまり理解できぬまま、お名前.comの設定を確認してみます。

では次の画像をご覧下さい。
これは、お名前.comのドメインNaviにある「DNS設定」画面です。

sakura_domain_2.gif

確かにこの画面を見ると、さくらインターネットの注釈に書かれていた通りに「NS ns1.dns.ne.jp.」と記入できそうです。
しかし、今度はその上の黄色い部分に「DNS設定(レコード)を利用するドメインは以下のネームサーバーを設定してください。プライマリ:01.dnsv.jp セカンダリ:02.dnsv.jp」と書かれています。
????? ここで訳が分からなくなりました。

何が訳分からなくなったのか説明します。

お名前.comで取得したドメインは、前述の通り、取得直後、お名前.comのDNSサーバ(01.dnsv.jpや02.dnsv.jp)によって管理されています。
しかし、その後、さくらインターネットでの運用を開始するに当たり、お名前.comのドメインNaviで管理DNSサーバをさくらのDNSサーバ(ns1.dns.ne.jpやns2.dns.ne.jp)に設定変更してあったのです。

つまり、黄色い部分に書かれている事は、管理DNSサーバを元のお名前.comのDNSサーバに戻せと言う事になるわけです。
そんな事をしてしまっては、元も子もありません。

結局、途方に暮れた挙句、さくらインターネットのサポートへ以下の様に確認しました。

「現在、「お名前.com」で取得したドメイン「konak.jp」を御社のネームサーバ「ns1.dns.ne.jp」と「ns2.dns.ne.jp」に変更した上で、御社レンタルサーバにて運用しています。
そして、この「konak.jp」にさらにサブドメインを追加して運用しようと「コントロールパネル/ドメイン設定/ドメインの追加/他社で取得された独自ドメインへのサブドメインの追加」にて設定をしようとしたのですが、注釈に「---略---」とあり迷っています。
ここで質問があります。
先に書いたように、ドメイン「konak.jp」のネームサーバはすでに「ns1.dns.ne.jp」と「ns2.dns.ne.jp」に変更してあるのですが、それでも、さらにこの「サブドメインのネームサーバの変更」を行う必要があるのでしょうか。
それとも、「konak.jp」のネームサーバが既に変更済みであれば、後は、先のコントロールパネルで、サブドメインを登録するだけでいいのでしょうか。」

そして頂いた返答がこちら。とても簡潔明快です。

「ドメイン[konak.jp]のネームサーバ名が、弊社指定のネームサーバ名に変更されている場合は、サブドメインのゾーン編集は不要でございますのでご安心ください。」

つまりこういう事です。

sakura_domain_1.gif

この画面の点線で囲まれた注釈は無視していいと言う事なのです。
ではなぜ、こんな注釈が書いてあるのか・・。
それは、ドメイン「konak.jp」を使わずに、サブドメインを付けたドメインだけを使う場合には、この注釈が有効になるという事なのです。
例を書くと、「konak.jp」は使わずに「blog.konak.jp」だけを運用する場合という事です。

結論を例をあげてまとめておきます。
「konak.jp」のDNSサーバをさくらの物に設定変更してあれば、そのサブドメインの設定時には改めてのDNSサーバ設定は必要はない。
しかし、「konak.jp」のDNSサーバをさくらの物に設定変更していない、つまりさくらで運用していない場合には、「blog.konak.jp」を使用する為に、ゾーン変更だけは行う必要がある。
その為には、まずさくらのコントロールパネルでサブドメインの設定をし、その後お名前.comの「DNS設定」画面で注釈通りに設定する。

この結論からすれば、お名前.comの「DNS設定」画面に有った黄色い部分の説明も納得が行きます。

以上の様に、結論が分かってしまうと至極当たり前の事の様に思えます。
しかし、さくらインターネットの設定画面に返答頂いた文言を書いて置いてくれればいいのにと思う私はイケナイ子でしょうか。
posted by Konak at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年03月05日

新型ATOM + 第2世代ION搭載 Eee PC HD 1201PN

CeBIT2010にてASUSが「新型ATOM + 第2世代ION」を搭載した「Eee PC HD 1201PN」を展示したようです。







Eee PC 4G-Xに飛び付き、その後SSD仕様にした1000Hを愛用している私にとっては、とても気になる機種。

Eee PCは、1000H以降も続々と新製品が登場しましたが、1000Hの1024x600より大きな液晶と、HD再生が可能なグラフィック性能を兼ね備えたモデルがなかったため、興味は持ちませんでした。
ネットブックといいつつ、HDのYouTubeが視聴できないのは、受け入れられないんです。なので、例え新型とはいえこんなVAIOも候補には上がりません。

そんな中、今回、新IONと1366x768の液晶を搭載したEee PCが出現したわけです。
以前、ドスパラからもIONを搭載したネットブックが発売されたのですが、バッテリの持ちの悪さからスルー。しかし、新IONを積むHD1201PNでは、Optimus Technologyと言われるものが搭載されているので、バッテリの持ちも期待できそう

新IONですが、GeForce GT 210Mに使用されているチップがベースでFlash Player 10.1のハードウェア再生にも対応しているとの事、これこれを読むと、YouTubeのHD動画の再生には問題無さそうなので、Eee PC HD1201PNの登場が実に楽しみです。

Eee PC HD1201PNの仕様
posted by Konak at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年02月28日

issuuを使ってオンラインパブリッシング

以前、こちらの記事でYUDUというオンラインマガジンのサイトを紹介しましたが、今回は「issuu」というサイトを紹介したいと思います。
このサイト、PDFやWordのファイルをアップロードするだけで、ペラペラとめくるインターフェースの書籍を作る事ができる優れものサイト。
早速、試しに作ってみる事にしましょう。
まずは、素材として自分のウェブサイトの一部を適当にPDF化、おまけに表紙も付けてみます。でき上がったPDFはこちら。(mywebsite.pdf)
これをアップロードすると、下の画像のように、書棚ライクなMyLibraryに新しい「本」が登録されます。

issu01.jpg

そしてこれをクリックして開いてみると、あら格好良いオンラインマガジンに仕上がっているではないですか。

issu02.jpg

アップロードから出来上がった「本」の閲覧までをムービーにしてみましたのでご覧下さい。(できればフルスクリーンで見てみて下さい。それと途中時間短縮の為端折っています。)



如何でしょう。いとも簡単に出来上がってしまう上に、インターフェースもサクサク動き快適です。
まだ使い込んでいないので分からないのですが、YUDUの様にYouTubeをエンベッドできれば、映像入りの「本」も作る事ができ、可能性がさらに広がるのですが。
また、このIssuuで作った本は、ブログやホームページに張り付ける事もできます。(これも真中辺りをクリックしてフルスクリーンで見てみて下さい。)



いやぁ、なかなか楽しいですね。
PDFより遥かに書籍ライクなのも大きなアドバンテージ。
映像の入ったオンラインマガジンがこんな風にサクッと作れて、グリグリ動くようになれば、既存の雑誌にとっては大きな脅威になるでしょう。
そして出来上がったマガジンを何十冊もiPadに詰め込んで、好きな場所で好きなマガジンを・・・。ワクワクしてきませんか?
posted by Konak at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | PC・ネット関連