2010年02月27日

Twitter テスト的に開始

ちまたで大盛り上がりのTwitter。
私的にはそうそうつぶやかないのではと思いつつ、情報収集も兼ねて開始してみました。
Twitter 「kokonak」
記事をご覧頂いての感想とか関連情報とか頂けると嬉しいです。
posted by Konak at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年01月31日

iPad

アップルコンピューターから「iPad」が発表されました。

ipad.jpg
(写真はこちらよりお借りしました)

タブレットタイプで電子ブックのEPUB形式にも対応しているため、電子ブックリーダーのAmazon/Kindleと比較される事が多いようです。
しかし、液晶のiPadと、電子ペーパーのKindleは、実際は全くの別物。
電子ペーパーは、その構造上、バッテリの持ちがとても長く、表示も目に優しいので、正に電子書籍にはうってつけです。また、高級仕様のものは、表示も非常に鮮明で、正にそこに文字が印刷されているのではないかと見まがう程です。

epaper.jpg

しかし、動画の表示には適しません。
一方、液晶を持つiPadは、パソコンのモニターと同様に動画であろうと何であろうと関係ありません。

以前の記事にも書きましたが、これからの書籍、特に写真がふんだんに使わる雑誌は、確実に動画も取り入れて行く事になるでしょう。そうなるとiPadは、文字主体の書籍向けであるKindleとは違い、なおかつ、複雑なインターフェースを持つPCとも違う、正に新しいタイプの書籍リーダーとなりえる可能性を秘めているのかもしれません。

iPadの発表の際、写真と同様に動画がレイアウトされたTheNewYorkTimesの電子版がデモンストレーションされました。
これまでのPCやネット環境でも当然できた事ですが、書籍や新聞をPCで読むというスタイルは未だ定着していません。
しかし、iPadのスタイルであれば、それが受け入れられるかもしれません。



単にインターネットや電子書籍を見るだけであれば、PCほどのものは必要なく、むしろiPadのように簡単に携帯出来る形状とシンプルなインターフェースが必要とされるでしょう。

ネットブックが登場した頃、移動体通信と相まって、気軽にどこでもインターネットに接続し、情報を入手できる事に胸がときめきました。しかし、実際は、その形状やインターフェースは、持ち歩きながらの使用には向いていませんでした。

iPadの登場が、新しい情報端末のさらなる出現につながるのではと期待に胸が膨らみます。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年01月21日

YouTube インターフェース変更

YouTubeを見ていたらインターフェースが変更されている事に気が付きました。

ytoption01.jpg

一つは、再生画質のオプション。
これまで、HDでアップした映像は、HDかそれ以外、SDでアップした映像はHQかそれ以外と、アップする動画の種類によって選択できるオプションが異なっていました。
しかし今回、360p 480p 720p 1080p の4段階に統一されたようで、SDであれば360pや480pが、HDであればさらに720pと1080pが選べるようになり、再生環境に合わせて最適な画質を選べるようになったわけです。
この事は、映像をアップする側にしてもメリットがあります。
以前は、HDでアップしたにも関わらず、HDのオプションを解除すると、SDワイドのHQ画質以下になってしまうなんて事もあり、HDでアップする事をためらう事もあったのですが、今後はそういった事は無くなりそうです。

ytoption02.jpg

そしてもう一つの再生サイズの選択。
これまでは確か、全画面かそれ以外の二種類しか選択出来なかったと思うのですが、今回の変更で、全画面以外に大小2つのサイズに変えられるようになったようです。
これにより、ネットブックなどの小さいモニターの時にはサイズを小さくし、自宅のモニターでは大きなサイズでと、これも再生の選択肢が増えた事になります。

再生オプションが増えた事により、今まで以上に多くの人にベストな状態で見て貰えるという安心感が増しました。
YouTubeの魅力をさらに増して行くためにもこういった変更はどんどん実行して行って欲しいと思います。

以前、HD1080pに対応した際にアップした動画も、しっかりとこれらのオプションが有効になっています。
お試しあれ。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年01月02日

ハードディスク(2TB)の追加

先日のハードディスク起動不能に続き、今度は容量が不足して来たので、日立の2TBハードディスク HDS722020ALA330 をデータ用とバックアップ用の2個追加しました。
購入店はドスパラ(DOS/Vパラダイスと思っていたらいつのまにか改名していました)で、13980円/個。

hddtest003.jpg

ただ、後になって知ったのですが、都内のパーツ店まで行かずともPCDEPOTがセール品としして12980円/個で販売する事があり、その上CFD(メルコ・バッファロー)経由による1年保証が付いているので、こちらの方がお得&安心なようです。

1GBが1万円だった頃からあっと言う間に時代は流れ、今や2TBが15000円弱で買えてしまうのですから驚きです。テラバイトですよ、テラバイト。テラなんて普段そうそう使う単位ではありません。

ところで、先日のトラブルもあって、今回は初期不具合が無いかを入念に診断してから使う事にしました。
本来、購入したハードディスクは全てチェックすべきなのですが、今までつい面倒でサボってしまっていた作業です。
常用PCの他に、ハードディスクチェック用リムーバブルスロットを備えたPCがあり、そこで日立純正の Drive Fitness Test を走らせチェックしました。

hddtest001.jpghddtest002.jpg

Advanced Test を選択し、各種テストと共に全セクタチェックです。

hddtest004.jpghddtest005.jpg

2TBという膨大な容量のため、5.5時間/個を要したものの、2個共問題なくチェック終了。
これで晴れて使用開始と相成りました。

ところで、32bit版XPが通常扱えるハードディスクは2TB未満。
(今回導入したHDDは2TBとはいえ、正確には1.8TB程です)
常用PCにはメモリを8GB搭載し、OSの認識できる部分以外の4.7GBはRAMディスクとして使用してる現状。
幸い、購入済であるWindows7の優待パッケージが、32bitと64bitの両方を収録しているので、そろそろ64bit移行を本格検討してみようかなという気になって来ました。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連

2010年01月01日

Flashのエラー

Flashが埋め込まれているページを閉じようとするとIEが固まり、強制終了しか無くなる状況がここ最近、ちょくちょく起きていました。

flasherror1.gif

原因が、IE7なのか、Flashなのかは不明なのですが、とりあえずFlashをインストールし直してみる事にしました。
その過程をちょこっとメモしておきます。

まずはアンインストール。
通常のプログラム同様、「プログラムの追加と削除」から削除する事も可能なのですが、Adobeのサポートページにはアンインストーラーが用意されているのでそれを使用する事にします。
なお、Flashの自動インストールを使用せずに、スタンドアロンのインストーラーを使用する場合には、DownloadManagerをここで削除してしまいます。(スタンドアロン版の入手法は後述)

flash4.gif

こちらがサポートのページ
「Flash Playerを削除するには」から、アンインストーラーをダウンロードできます。
(下部の「Adobe Flash Player のバージョンテスト」では、既にインストールされているFlashのバージョンを確認できます。)

flash5.gif

ダウンロードしたアンインストーラーを使ってFlashを削除します。
そうすると、Shockwave Flash Objectが消えてなくなります。
先にDownloadManagerを削除していた場合には、get_atlcom Classもなくなります。

flash3.gif

次にインストール。
インストールには、余計なDownloadManagerを入れないために、スタンドアロンのインストーラーを使用する事にします。
まずは通常通り、自動インストールのページから「今すぐインストール」を選択。

flash1.gif

すると、IEのセキュリティ設定がデフォルトであれば、アドオンインストールの確認メッセージが表示されます。
このページの一番下に、「開始しない場合には、こちらをクリックしてダウンロードして下さい」と表示されていますので、これをクリックし、スタンドアロン版をダウンロードします。
それを使ってインストールすれば、Flashのみインストールされます。

flash2.gif

しかし、結果から言うと、エラーは収まらず、やはり場合によっては出てしまいます。
エラーが出て、IEを強制終了すると、それまで開いていた他のウインドウもろとも終了してしまい不便この上ないので、早々に原因を突き止めて改善したものです。

flasherror2.gif

追記
IEを最新のバージョン8にアップしてからはエラーが出なくなりました。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連